ふわとろオムライス作りのテクニック大公開!【ミシュランシェフ直伝!】

ふわとろオムライス作りのテクニック! ドラマ・テレビ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ふわとろのオムライスの作り方知りたくないですか?

ミシュランシェフがそのテクニックをテレビで直伝してくれました。 マネすればプロ並みのふわとろオムライスができるそうですよ!

このページは、ふわとろオムライス作りのテクニック大公開!【ミシュランシェフ直伝!】 についてまとめています。参考にしてみてくださいね!

【ミシュランシェフ直伝!】ふわとろオムライスの作り方

スポンサーリンク
4月14日放送『この差って何ですか!?』より
ふわとろオムライスって作るの難しいですよね?
今回作り方を教えてくれるのは
ミシュランガイドにも紹介された
旬香亭 店長
古賀 達彦さん

有名シェフがのテクニック気になりますね!

 ふわとろオムライスの材料

まず、ふわとろオムライスの材料です。

・ごはん
・鶏肉
・タマネギ
・ケチャップ
・塩、コショウ

材料はシンプルで用意しやすいものばかりですね!

スポンサーリンク

 

 お肉のポイント

お肉のポイントですが、

鶏もも肉よりも

鶏ひき肉の方がいいそうです!

 

ひき肉は繊維が壊れているので、うま味が出やすいのだそう!

 

 ごはんのポイント

スポンサーリンク

ごはんのポイント!

ごはんは炊き立てよりも

冷ましたごはんを使う方がいいそうです!

 

炊き立てのごはんは水分が多いので、ベチャベチャになってしまうのだそう。

3分ほどボウルに移して冷まして水分を飛ばすといいそうですよ!

 炒め方のポイント

炒め方のポイントは、

ごはんがを先にいれるのではなく、

ケチャップを先に入れてることだそう!

 

ケチャップと具材を先に馴染ませるとごはんが混ざりやすくなるそうです!

ごはんを先に入れると、ケチャップの水分でごはんがベチャっとしてしまうそう。

 卵のポイント

スポンサーリンク

卵のポイントは、

卵を冷やすのではなく

常温にして使うことだそう!

 

卵は火を長く入れると固くなるので、冷やした卵だとフライパンが冷めて、加熱時間が長くなってしまうのだそう。

 

 混ぜ方のポイント

卵の混ぜ方のポイントは、

ホイッパーではなく

を使って混ぜるのがいいそう!

 

箸で、白身と黄身が混ざるくらいの方が、卵がふんわり焼けるそうですよ。

 

 焼き方のポイント

スポンサーリンク

一番難しい卵の焼き方のポイントですが、

弱火よりも強火で焼いた方がいいそうです!

 

卵は時間をかけすぎると固くなるので、一気に強火で火を入れた方が表面がキレイに仕上がるそうでよ。

ふわふわ卵の焼き方
  1. バター1を入れて溶き卵をいれる
  2. 箸で混ぜながら火を通す
    →ここでフライパンを火から外します!
  3. 余熱で30秒ほどかき混ぜる

ふわふわ卵のできあがり!!

こうすることで、卵に火が通り過ぎずにふわふわになるそうです!

 

 ケチャップライスを包むテクニック

スポンサーリンク

卵でごはんを包むよりは、ごはんに卵をかぶせる感覚だそう。

フライパンの奥側を使って、卵焼きを作るのがポイントですよ!

卵を包むテクニック
  1. 卵はフライパンの半分より奥側
  2. ライスは卵の中央
  3. 卵の端にライスを寄せる

そのままお皿に移し替えれば完成!!

 

さらに最後にかけるケチャップはレンジで30秒ほどチンすると、まろやかになるのでおすすめだそうです。

 

これでプロ並みのおいしいふわとろオムライスの出来上がり!!

 まとめ

今まで知らなかったポイントも教えてもらえてよかったです!

ミシュランシェフのふわとろオムライスの作り方のテクニックやポイントをマネして、

美味しいふわとろオムライスの作りにチャレンジしてみてくださいね!

 

このページの情報は記事投稿日時点のものです。
メルカリ登録でポイントゲット!

メルカリアプリで新規会員登録し、招待コードを入力すると必ず500円分のポイントがもらえる!

 

招待コード FJXWCV

 

\ご自由にお使いください/

ドラマ・テレビ料理
スポンサーリンク
メモココ
タイトルとURLをコピーしました